仕入れ担当者様向け カンボジア産 

JFP無添加ドライパイナップル紹介

更新日:2021年4月18日

sdgs1.png
sdgs3.png
sdgs4.png
sdgs10.png

​該当するSDGs

4620693218555515902.15d82a37935f4c548d0d

差別化のポイント

1.パイナップル品種:クイーン種

熱帯原産の果物であるパイナップルはカンボジアでも広く栽培されています。日本で生食用に販売されている一般的なパイナップル品種は表面の凹凸が少なく、酸味もあるスムースカイエン種が多いのに対して、弊社のドライパイナップルはクイーン種という種類のパイナップルを使用しています。

​このパイナップルはサイズが小ぶりで、表面の凹凸が大きいため機械的に皮を完全に除去しようとすると果肉部分も大きく取り除かざるを得なくなり歩留まりが低下してしまうという、加工には適さない性質を持っていますが、糖度は高く非常に甘い果肉を持っています。後発開発途上国であるカンボジアのワーカーさんの熟練の加工技術によって今回、商品化を果たしました。

4620693218555515902.0da9665b95a5e87c1a10

2.カンボジアのパイナップル産地:カンボジア西部 モンルッセイ

​本製品の製造工場はカンボジアの西部に位置する、国内第2の都市であるバッタンバンにあります。同じバッタンバン州にはカンボジア国内で最も多くパイナップルが生産されているモンルッセイという地域があり、弊社のドライパイナップルはこの産地および、生産工場の所有している自社農園から供給される管理されて生産されているパイナップルから製造されています。カンボジアパイナップルの一大産地に製造工場を構えることで新鮮で高品質のパイナップルを輸送費をほとんどかけずに仕入れることができ、高品質かつ価格競争力のあるパイナップルのドライフルーツを供給できます。

IMG_5639 2.png

3.産地のど真ん中で最高品質のマンゴーだけを選別して旬の時期に限定生産

本製品は砂糖不使用、添加物不使用のごまかしの一切効かない完全無添加ドライパイナップルです。

そのため原材料のパイナップルの品質に最もこだわって製造しています。

本製品の製造工場はカンボジアのパイナップル大産地であるバッタンバン地域に存在し、新鮮なパイナップルを容易に集荷することができます。

じつはパイナップルは収穫後に追熟しないタイプの果物なので適期収穫が非常に重要になります。入荷時には厳密な入荷時点の熟度検査を経て合格したもののみがドライパイナップル製造に使用されます。

IMG_5626 2.png

世界最高水準の食品安全管理体制

​JFP無添加ドライマンゴーは日本の大手食品企業にも引けを取らない食品衛生の国際規格を取得している工場で製造されています。

 主な取得済認証

  • HACCP

  • Halal(ハラル認証)

IMG_5573 3.png

JFP無添加ドライマンゴー栄養成分表示(100gあたり)

2021年も大好評発売中!!

本製品は各種規格がございます。ぜひお問い合わせください。

  • 30g入り(小売用パッケージ)

  • 1.5kg入り(業務用バルクパッケージ)など

​また別商品としてパイナップルの芯の部分のみを取り出して乾燥させたドライパイナップルファイバーも販売しています。

jfp-mango-bulk.jpg

送信完了しました。